SDGsの取り組み
Sustainable Development Goals

SDGsとは

(持続可能な開発目標)

g5032

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

外務省(SDGsとは)

URBAN EARTHの取り組み

取り組み事例

間伐材を使用して製炭した木炭「LOHASumi」の利用/拡販

sdg_icon_07_ja_2
sdg_icon_13_ja_2-290x290
sdg_icon_12_ja_2
sdg_icon_15_ja_2

『LOHASumi』は高い技術力をもつ炭職人が作る、完全に炭化しきった高品質な木炭です。関西の森林で間伐※1した木材を原料としており、こうして作られた木炭を利用することで生まれた利益は森林保全(間伐)に還元され、持続可能な森林保全の循環を生む活動へと繋がります。事業内容の一つであるBBQ(バーベキュー)場や、海や山でのレジャーを楽しみながら、手軽に森林保全活動ができる製品です。製炭への過程に出る熱エネルギーを電力に変換することでエネルギーを無駄にすることがありません。※2
※1 間伐とは、山林の手入れ法の一種です。森林が茂りすぎるのを防ぐため、木を切ってまばらにすることを指します。
※2 大阪府の公園で導入実現に向けて調整中。

『LOHASumi』が誕生したきっかけは、2018年に発生した西日本豪雨。弊社社員で災害ボランティアとして現地へ向かった際、被害の大きさを目の当たりにしたことでした。その後「未来に向けて“減災”をどうすれば実現できるのか」を様々な角度から調査。有識者たちからの意見も踏まえ、豪雨による土砂災害の大きな要因としてあげられたのが「森林保全ができていないこと」でした。持続可能な取り組みにするため、経済活動を通した森林保全は何かを考察し、間伐材を使用した木炭の商品開発に至りました。「災害を減らしたい」「森林を守りたい」という想いが形になった『LOHASumi』。いつものBBQにひとつ、森林と人々の未来を守るためのアイテムを。

公式SNS

LINE
Twitter
Facebook
Instagram

URBAN EARTH BBQ

URBAN EARTH INDOOR

URBAN EARTH RESORT

SHOP URBAN EARTH

URBAN EARTH MARKET

 

URBAN EARTH SYSTEM

URBAN EARTH RESEARCH

 

運営会社

〒530-0018 大阪府大阪市北区小松原町2−番4号 大阪富国生命ビル 4F
TEL:06-4309-6878
Mail:info@standkey.com

サイトマップ サイト利用について 個人情報の取り扱いについて URBAN EARTH共通ご利用規約 企業情報 反社会勢力に対する基本方針 お問合せ